徹底比較!電子タバコ一覧大全集
電子タバコについて皆さんの意見を掲載中ですよ♪

日本人の女性であれば、誰もが着物を着ると、とたんに美人に見えてきます。ですから、筆者も最近は着物を着つけられたらいいなと思うようになってきました。小紋は中でも、おしゃれ着として人気が高く、着るだけで、素敵な装いが実現します。では小紋とはいったい何であるかというと、模様が入っていて、訪問着や付下げとは少し違う着物のことを指します。その由来は江戸時代までさかのぼります。派手な柄が江戸幕府からお咎めを受けて、遠くから見ると無地のように見えるよう柄を小さくしたのが始まりだと言われているようです。その頃から、染めの技法があますところなく使われていて、多彩な模様が展開されているのが、小紋の楽しいところではないでしょうか?今ではこのスタイルの着物は伝統的工芸品に登録されていて、その技法が守られるようになりました。


小紋の始まりについて。

江戸小紋は無地の感覚に近く、極めて細かい模様を型染めしたものです。その始まりは、室町時代にさかのぼると言われています。当時、武家が鎧の革所や家紋などに用いられていた文様が、衣服にも染められるようになったようです。江戸時代になると、武家の礼装である裃に用いられるようになりました。大名家によって独自の文様があり、その人がどこの大名家の家臣かが着物の柄によってわかったと言われています。当時、贅沢を取り締まる奢侈禁止令が発令され、武家はもちろんのこと、庶民に至るまで生活の細かいところまでが規制されていました。武士にとっては、参勤交代などで江戸を訪れる時に、みすぼらしい身なりをするわけにもいきません。田舎者と馬鹿にされては「お家の恥」です。小紋はこうした武家の気持ちを反映して発展していったとされています。


小紋とはどんな着物か

一般的に、「小紋」と呼ばれる着物はどんな着物なのでしょうか。端的に言うと、着物地全体に細かい柄が散りばめられているのが特徴で、普段着としてカジュアルに楽しむことができる着物のことです。例えば、お友達と買い物に行ったり、観劇をしたりする時に適しています。そして、それを着物に親しむきっかけにしているという人もいます。逆に、小紋を着て出掛けてはいけないシーンもあります。それはフォーマルの席です。フォーマルの席に小紋を着るということは、「正式な場所に、Tシャツとジーンズで行く」ということと同じになってしまい、同席する人に対して失礼になってしまいます。なので、そういった場所にはふ、フォーマル専用の着物を着て行く必要があります。洋服と同じように、着物にもまた、TPOに応じた暗黙のルールが存在しているのです。