小紋を着ても良いウエディングの席とは

ウエディングの席は、基本的にはフォーマルという扱いになります。従って、着物で出席する場合も、フォーマル向けの着物を着る必要があります。しかし、時代と共にウエディングの雰囲気も変わってきており、「場合によっては、小紋で出席しても大丈夫」という場合も増えてきました。「友人の結婚披露宴」であり、「カジュアルなレストラン」であれば、ウエディングの席に小紋を着て行っても問題はありません。品の良いデザインを選べば大丈夫です。逆に、「カジュアルなレストラン」であっても、新郎・新婦の親族の場合は、小紋で出席することは避けましょう。親族はあくまで、お客様をおもてなししなくてはならない立場です。そのため、きちんと正装・もしくは準正装でお客様をお迎えしなくてはいけません。せっかく来てくださったお客様に対して失礼当たる装いは避けることがマナーです。


小紋もポリエステルの着物があって買いやすい

最近は着物を普段着感覚で着こなす、おしゃれな人が増えたように思います。私も着物が好きで、よくネットで着物ブログを読ませてもらったりしてるのですが、みなさんとても素敵なんです。特に若い人がけっこう着物を楽しんでいるように思いますね。母親やおばあちゃんの着ていた着物をももらって、自分流にアレンジして今風に着こなしたり、かわいい髪飾りを付けたりして、すごく参考になります。小紋を洋服のようにユニークに着こなしている人もいたり、本当に着物って奥が深いですよね。着物ってたくさん買いたいけど、やっぱり値段的にちょっと若い人はしんどいですよね私も着物は成人式のものくらいしか持ってないのですが、最近はポリエステルなどで作られた比較的安い着物もたくさん販売されています。柄も小紋はもちろん、すごくいろいろなタイプがあるので、これだったら私も買えるかなと思っています。


小紋はいつどんな時に着れば良いの?

着物には柄の出かた、模様によって格が決まります。着物初心者は着物の格に悩む人が多いですね。例えばパーティーや友人の結婚式などでは訪問着と呼ばれる着物が最適です。訪問着は肩と裾に手書きや刺繍で模様が入ったタイプで絵羽模様とよばれます。それに対して小紋とは着物全体に小さな模様が繰り返し入っているタイプの着物です。着物を反物から仕立てる時に絵羽模様は柄が決まった部分にくるように裁断し縫製しなければなりませんが、小紋は全体に型染めされた同じ模様が繰り返し入っているのでそういった気を使わなくても仕立てられます。そういった点から訪問着より格下とされ、着物の中では普段着とされます。しかし現代ではまったくの普段着に着物を着る人も少ないですので、着用する場所としては街でのショッピングやデート、観劇などに最適なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*